工事着工
工事の流れとお願い事
   
 


着工から竣工まで木造編
水盛・遣方
まず敷地の基準点を決め、水平を出します。そして、建物の建つ位置の目印を付けていきます。
建物が傾かないように、とても大切な作業です。
(地下工事)
地下がある場合は、ここで土を掘って、コンクリートで地下室を作成します。地下水がしみ出したりすると、工期が延びてしまうことがあります。
基礎工事
地下が無い場合は、ここで型枠を組んで、基礎を作成します。基礎には、床下の通風を良くするために換気口が付けられ、ベタ基礎の場合は、内側もコンクリートで埋められているのが確認できると思います。
 
 
木工事など
この辺りから一気に現場が活気付きます。まず、木造のメインとなる大工さんが毎日入り、床・壁と造っていきます。進行に合わせて他の業者も出入りして、流れを止めないように進めていきます。
屋根
建方が終わると、木材が雨ざらしにならない様に、出来るだけ早急に防水をして屋根の工事に取りかかります。
建方
基礎のコンクリートが固まると、いよいよ柱を建て始めます。土台を置いて、その上に柱、更に梁、屋根と見る見る組み上がっていきます。上棟式を行う場合は、この組み上がった段階で行います。
 
 
配線・配管
床下や天井裏、壁の中の配線・配管は、ふたをする前に配置しておきます。なので、どうしても蛇口やスイッチの位置などを変更する場合は、これ以前に指示して頂けると無駄が出ません。
内装工事
床・壁・天井が出来上がると、ビニールクロスや和室の壁、フローリング貼りが始まります。クロスは内装屋、和室壁は左官屋、フローリングは大工が担当です。
設備関係
ユニットバスなど途中で施工しなくてはいけない物はは既に設置されていますが、キッチンや便器などはここで取り付けられます。
 
 
クリーニング
全ての工程が完了したら、ゴミを片付け清掃をします。
外構工事
材料の搬入やその他工事の邪魔になるので、門や塀はこの段階になります。駐車場の土間コンクリートに、乾かない内に猫が乗らないように注意が必要ですね。
照明関係
天井からチョロっと出ていた電線に照明器具が取り付けられます。この段階で、屋内はほぼ完了状態になります。
 
 
チェック
お客様と一緒に見て回り、ご要望どおりに出来ているか、未完の部分はないかを確認します。水道・電気等の確認もお願いします。
お引渡し
全て問題なく完了した段階でお引渡しとなります。カギと各種機器の取扱説明書などもお渡ししますので、ご使用前にご確認下さい。
入居開始
いよいよ新居での生活がスタートです。夢の生活の第一歩が始まります。
 
 
 
 
 
お願いします
工事の際に、お客様に是非ともお願い致したいことがあります。どれも工事をスムースに、そして無事に終わらせる為のものです。宜しくお願い致します。
 
・夜中などに現場に立ち入らないで下さい。
   現場には釘が落ちていたり、材料が床に置いてあったりします。
   夜は大変見にくくて危険ですのでご遠慮下さい。
・現場内のものにあまり触れないで下さい。
   現場内のものを移動したり破損してしまうと、それだけ無駄な時間がかかってしまいます。
   事前に職人さんに声をかけて下さい。
・職人さんの労をねぎらってあげて下さい。
   仕事とはいえ、現場の作業は大変なものです。
   「お疲れ様」の一声が、職人さんたちの励みになります。
   職人さんと仲良くなると、色んな知恵がもらえるかも。
 
 
 
 
© Copyright 2002 Arai construction company. All rights reserved.