要望を満たせる
各構造の特徴を理解しよう
   
最近では、開発競争が盛んになり、様々な構造がありますが、ここでは代表的な3種類を取り上げています。
各構造に良い点・悪い点があります。建築基準法も含め、最もご要望を満たせる構造を選ぶ必要があります。


木造
日本古来から伝わる「在来軸組工法」とアメリカで開発された「2×4工法」が主だったものです。ただ、申し訳ありませんが、当社では2×4工法はお取扱い致しておりませんので、ここでは在来軸組工法について記述します。
特   徴
プランの際に
土台・柱・梁等で構成され、筋交い等により強さを保ちます。木は加工しやすいので、どんな形状にも対応できます。ただ、各接合部を補強しておかないと、震災時に倒壊の恐れが。温もりのある住まいにするなら、木造が1番。
屋根形状や開口部の自由度が高いので、間取りを考えるのは一番簡単です。きちんと構造計算を行えば、大空間も可能です。荷重を柱と梁で支えるので、将来的な間取り変更にも対応できます。
 
 
鉄筋コンクリート造(RC造)
鉄筋を肋骨のように組み、その周りに型枠を組んで、コンクリートを流し込んで固めます。鉄筋が引っ張り、コンクリートが圧縮の力に耐える役割を担います。ラーメン構造と壁式構造があります。共通の特徴として、重厚感のある建物に仕上がり、遮音性に優れていますが、型枠を組む必要があるので、複雑な形状には向きません。
構  造
特   徴
プランの際に
ラーメン構造
コンクリートの柱・梁・床板で構成され、荷重は柱と梁で支えます。 内部の間仕切りは、荷重を支えていないので、自由に変更が出来ます。ただ、柱型が出てくる場合があるので、位置の考慮が必要。
壁式構造
コンクリートの壁・床板で構成され、荷重は壁で支えます。 荷重を壁で支えているので、屋内と言えどもコンクリートの壁は移動不可能で間取りに制約があります。ただし、柱型が出てこないので、広くは使えます。
 
 
鉄骨造(S造)
鉄で骨組みを作ります。鉄の柱と梁、コンクリートの床板で構成され、荷重は柱と梁で支えます。軽量鉄骨と重量鉄骨の2種類があり、どちらも基本的に揺れることで地震力を受け流す考えになっています。
構  造
特   徴
プランの際に
軽量鉄骨
木造軸組工法の鉄版と考えて頂ければ分かり易いと思います。筋交いの代わりにブレースと呼ばれる鉄の棒を用います。 薄い鉄板を曲げることによって剛性を出しているため、あまり広い空間は作りにくくなります。
重量鉄骨
一般的に鉄骨造と言われるものです。錆止めをしっかりしておく必要があります。 柱型は出てきますが、数が少なくて済むので、間取り変更がしやすく、広い空間が取れます。
 
 
 
このようにそれぞれ良い点・悪い点があるので、基準法や予算と相談しながら選択する必要がありあす。広い空間重視なら鉄骨造(S造)、重厚感が欲しい場合は鉄筋コンクリート造(RC造)、温もりを求めるなら木造というふうに。ですが、S造やRC造でも室内の仕上に木を使用すれば、温もりを得られますし、逆に木造でも重厚感や大空間は可能です。となれば、やはり予算重視でしょうか?
 
 
 
 
© Copyright 2002 Arai construction company. All rights reserved.